安心、安全に楽しい人生を送るためにやるべきこと【ネを申すと神になる】

運を味方によかった噺

安心、安全に楽しく生きたい。

誰もがそう思っているはずです。

あなたが自信を持って「楽しく生きています。」と言えるようになるには良い流れに気づく必要があります。

今回は、良い流れに気づくための方法をお話しいたしましょう。

「ネ」付け運動で人生に良い流れを呼び込みましょう

こんにちは。私は、『広島講談チャンネル』をしている櫛 雅之です。

そこで、「運(ん)を味方にする方法」を発信しています。

今日は、その中から、『ネを申すと神になる』についてお話したいと思います。

良い流れに気づくための方法は『語尾にネをつけて話す』ことです。

くし
くし

「ネ」を「申」すと書いて「神」という字ができます。

語尾に「ネ」をつけて話をします。

語尾に「ネ」をつける

「ネ」には根っこという意味がある

よかったネ、ありがとうネ、おいしかったネ、嬉しかったネ、・・・・

根っこ=底辺 は4つあります。

4つの底辺

1、・・・ひらがなで一番最後に出てくる

2、・・・根っこ

3、・・・地面を這うように流れている

4、・・・底辺に置く

くし
くし

心が根っこにあれば風が吹いてもびくともしません。

まわりに振り回されることなく、正しい判断ができるようになります。

心が底辺にあると、人生安心(あんしん)という「ん」を二つ手に入れることができます。

ぜひ、4つの底辺を意識して行動してみましょう。

4つの底辺が合わさると見方が変わり、幸せになれます。

一緒に安心、安全に楽しい人生を送ろうではありませんか。

くし
くし

今まさに苦しんでおられる方は、大きく変化できるチャンスなのかもしれません。

ネ付け運動を意識して良い流れに気づけば、時が味方してくれるでしょう。

ネを申すと神になる。

神は言霊となり、行動すると証が見えてきます。

動画でも詳しく解説しています。よろしければどうぞ。

ネを申すと神になる【対談 藤原先生に学ぶ】運を味方にする方法 その70

ネを申すと神になる【対談 藤原先生に学ぶ】運を味方にする方法 その70

さいごに

今回は、ネ付け運動をすることで運(ん)を味方にすると、良い流れに気づくことができるというお話をいたしました。

生きていると不安になることもありますが、「よかったネ」で自分を元気付けて運(ん)を味方にしたいですね。

人生は毎日の習慣の連続です。

良い習慣が自然と身につくと良い流れができて成功に導かれます。

ネ付け運動で良い流れに気づき、奇跡をたくさん起こして欲しいと思います。

このブログを読んでくださっている方々おひとりおひとりにより良い気づきと奇跡があることを願っております。

ありがとうございました。

お問い合わせ、質問、疑問は

櫛雅之のFacebookのメッセンジャーまでどうぞ

櫛 雅之
櫛 雅之さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、櫛 雅之さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。