悪いことが起こっても良い方向にもっていく方法【すべてこの世は2極間】

運を味方によかった噺

すべてこの世は2極間にあると思います。

➕(プラス)と➖(マイナス)です。

➕がよくて➖が悪いということではありません。

悪いことがあっても必ず、その裏には良いことが隠れています。

今回は、悪いことが起こった時にどうやって良い方向に持っていくのか、また、人生の幸せとは何なのかついてお話いたします。

すべての事象は鏡のごとく表があれば裏がある

こんにちは。私は、YouTube『広島講談チャンネル』をしている櫛 雅之です。

そこで、「運(ん)を味方にする方法」を発信しています。

今日は、その中から、➕(プラス)と➖(マイナス)の2極間についてお話しします。

くし
くし

んの世界では太陽が➕、川が➖です。

この2つが融合することで新しい価値が生まれます。

生活をしているとどうしても不都合なことって起きますよね。

運転していた自動車が動かなくなった・・・

天気予報では晴れのはずだったのに雨が降ってきた・・・・

信頼していた人に裏切られてしまった・・・・

大丈夫です。

ずっと運が悪いことばかり続くことはありません。

なぜかというとその裏には必ずいいことが隠れているからです。

運のいいことの見つけ方

では、運がいいことってどんなことでしょうか?

自動車が壊れて動かなくなったけど、自分にはケガがなかったし、安全に止められてよかったな。

とか

困っていたら、周りの人が助けてくれた。ありがたいな。

ということもありますよね。

私は「よかった」ことが見つかった時は「幸せだな」と感じます。

「幸せ」って何でしょうか?

くし
くし

幸せはつかみ取るものではありません

まして、お金で買うものではありません。

幸せは、「今が幸せだと感じる」こと

気づいて感謝することです!

プラスとマイナスの2極間の実体験の話

【新しい旅行の仕組みを考える】

私は、広島で旅行会社をしていますが、コロナの影響を受け、大変に落ち込んでおります。

今までのように密になって移動する旅行はできなくなりました。

【結果】

たくさんの方と共に旅行しなくなった分、ご家族で車で移動されるだとか、おひとりでの旅行、近場や人が密にならない場所へ行ってみるなど、コロナに対応した旅がみられるようになりました。

これからもキャンプなどご家族や親しい友人同士での旅行が増えてゆくと思われます。

1年前はどうなるのか不安でしたが、今後も安全、安心の旅行を提供していきたいと思っています。

運の世界の幸せとは【対談】運を味方にする方法 その164

運の世界の幸せとは【対談】運を味方にする方法 その164

人生の幸せとは何なのかについて考えてみた

先ほど、人生の幸せとは、過去にも未来にもなく、今、この瞬間が幸せなのだと気づくことだとお話いたしました。

目が見える、耳が聞こえるなど、自分で当たり前だと思っていることにも幸せだと感じることができれば、すべてに感謝する気持ちになりますよね。

そして、「よかった」ことをイメージすることで、悪かったことを「よかった」ことにすることができるようになります。

最終的には、「悩みと不安がない人生」をおくることができるでしょう。

これこそが、運(ん)を味方にする人生の目的でもあります。

運(ん)を味方にする人生 = 悩みと不安がない人生

それでも未来には何が起こるのかわからないから不安があると思います。

だからこそ、やっておくべきことがあります。

※それぞれ詳しくお話しております。ぜひ、リンクからご覧ください。

今が幸せだと思えてこそ、未来の夢を語ることができると思います。

ぜひ心を素直にして目を閉じて感じてください。

「よかった」

きっと幸せを感じることができるでしょう。

さいごに

今回は、ピンチに見えることでもその裏には良いことが隠れていることがあるというお話をいたしました。

どんな苦難、困難の中にも1割はその苦難を乗り越えるヒントがあります。

それに「気づく」ことができれば、「よかった」ことが起こります。

あなたの身の回りにも「よかった」ことはありませんか?

今日も目が覚めてよかった。

目が見えてよかった。

手足が動いてよかった。

当たり前のことと思わずに、「奇跡」だと感じることこそ「幸せ」なのですよ。

ありがとうございました。

お問い合わせ、質問、疑問は

櫛雅之のFacebookのメッセンジャーまでどうぞ

あなたの幸せがすぐにあなたの元にやってくるイメージでお返事を書かせて頂きます。

櫛 雅之
櫛 雅之さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、櫛 雅之さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。