人間と海の不思議なつながりを数字から考えてみる【川の波動で生きる】

運を味方によかった噺

人間と海は不思議な関係があります。

海に満ち引きがあるように人生にも浮き沈みがあります。

沈んでしまった時に再び浮上するきっかけはどんなことでしょうか?

今回は、海にまつわる数字から人生の浮き沈みについて語りたいと思います。

人間と海の深い関係

こんにちは。私は、YouTube『広島講談チャンネル』をしている櫛 雅之です。

そこで、「運(ん)を味方にする方法」を発信しています。

今日は、その中から、人間と海の深い関係についてお話します。

【不思議な数字の掛け算】

『18』・・・・・1分間に海の波が打ち寄せる回数

『36』・・・・・「18✖️2=36」これが人間の体温

『72』・・・・・「36✖️2=72」これが人間の心拍数

『144』・・・・「72✖️2=144」これが人間の血圧(高い方)

『288』・・・・「144✖️2=288」これが人間が生まれるまでの日数

他にも、子どもは満月の日の満潮の時に生まれてくるって聞いたことあるわ。

このように、人間と海には深い関係があるように思えてきますね。

海に潮の満ち引きがあるように、人間にも好調(良い時)、不調(悪い時)のバイオリズムがありますよね。

悪いこと(まさか)が起こって底辺にいる時こそ、「よかった」を言いましょう。

再び、新たな気づきを得て、右肩上がりに跳ね上がることができるでしょう。

この心を底辺に置いて生きてゆくことで川の波動を得られ、よかったことに「気づく」ことができるのです。

運の波動の法則 秘伝 運を味方にする方法 その12 【善亭ぶ生 講談】

運の波動の法則 秘伝 運を味方にする方法 その12 【善亭ぶ生 講談】

コラム〜川の波動で生きていると〜

コラム〜川の波動で生きていると〜

私は広島で旅行会社をしておりますが、コロナの影響を受けまして、旅行の仕事はかなり減ってしまいました。

底辺まで落ちてしまったわけですが、その時「よかった」の気づきを得ました。

「自分の他にも同じように困っている人がいるのではないだろうか。」

「私は約20年前から運(ん)について藤原先生に学んできているので、誰かの役に立てるかもしれない。」

このことをきっかけに、YouTube「広島講談チャンネル」と当ブログにて運(ん)を味方にする方法をお話することを始めました。

今では、日本国内のみならず、海外に暮らす方やお会いしたことない方とも一緒に学ぶことができています。

川の流れのように底辺から見ることで全体像を把握することができるようになりました。

運(ん)を味方にすると、ひと、もの、お金、時が味方してくれて好循環が生まれます。

不平、不満のない、「すべてにおいてよかった」と思えるようになります。

川の波動で生きる。

ぜひ、実行してみてください。

さいごに

今回は、海に満ち引きがあるように人生にも浮き沈みがあるというお話をいたしました。

いつも心を底辺において生きてゆくことで川の波動を得られ、小さな「よかったこと」に気づくことができるようになりたいものです。

ありがとうございました。

お問い合わせ、質問、疑問は

櫛雅之のFacebookのメッセンジャーまでどうぞ

櫛 雅之
櫛 雅之さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、櫛 雅之さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。